実は良くない!?紅茶とレモンの相性

カフェや喫茶店で紅茶をオーダーすると、「レモンですか、ミルクですか?」・・・こんなやり取りが定番ですよね。

日本では、紅茶はストレート以外には、レモンティーかミルクティーが二大定番の飲み方といえそうです。

確かに、ミルクティーは世界的に見れば超定番な飲み方で、むしろストレートのほうが珍しいくらいです。

では、レモンティーはどうなのでしょうか??

実は、レモンティーは主に日本と一部ヨーロッパ数カ国でのみ飲まれているものなんです。

そして、レモンと紅茶の相性ですが、これが実はあまり良いものではないのです。

というのは、レモンの皮には油分が含まれているのですが、この油分と紅茶のタンニンが結合すると、紅茶の苦味が強く感じられるようになってしまうのです。

ああ、そういえば。。。と、思い当たった人はいませんか??

となると、レモンでも皮付きでなければ苦くならないということになります。

でも、この苦味がなくても、レモンを入れると紅茶の水色が薄くなるという理由で、避ける人もいます。

濃い色の紅茶でも、レモン汁を入れると明るいオレンジ色に変化しますね。

これは、紅茶の色の元となっている成分、テアフラビンの特性によるものです。

テアフラビンは、酸性度が弱いと赤みが津用、酸性度が強くなると色が薄くなるのです。

レモンのクエン酸が、紅茶に加わることで紅茶の酸性度が高くなって、色が薄くなるということです。

ここで気をつけていただきたいのが、いくら水色が薄くなるからといって、紅茶を必要以上に濃く入れたりしないことです。

濃く入れた紅茶にレモンを加えると渋みが強くなってしまいます。

レモンティーに、皮ごとレモンを使用することのデメリットは他にもあります。

レモンなどの柑橘系のフルーツは、輸入物が多いのですが、輸入された柑橘系のフルーツに日本では使用が禁止されているOPPという農薬が使われていることがあります。

そして、このOPPは、カフェインと結びつくことによって、発がん性物質へと変化してしまうということなのです。

国産のレモンでも、農薬を使っていないとは限りません。

とりあえず、皮は取り除いて紅茶に入れるのが無難と言えそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です