幸せのひと時はアップルティーで

ふっと一息つきたいときに、アップルティーを入れる癖をつけました。

甘い香りのするアップルティーは心穏やかにしてくれます。

アップルティーは紅茶の種類の中で、フレーバーティーと呼ばれる、香りを楽しむ紅茶です。

フレーバーティーにも色々ありますが、その本来の意味は紅茶や緑茶に香料や花びら、果実の皮等で香りを付けた飲み物を言います。

紅茶好きの私は、朝に紅茶、夜寝る前に紅茶をいれますが、それをアップルティーに変えてみました。

それが、実に心が落ち着くのです。

りんごの香りが部屋中に漂い、幸せ~と言ってしまいます。

寝る前にカフェインの入った、飲み物を飲んでは、眠れなくなると分かっていますが、どうしても飲みたくなります。

アップルティーに限らずフレーバーティーと言われる紅茶は香りを楽しむ物ですから、甘さを追及するものではありません。

そこで、よく考えると嗜好品と呼ばれるものには、香りが伴ってきているのが分かります。

コーヒーも、タバコも、紅茶もそうです。

香りや匂いは人間にとって、大事な体の機能の一つです。

紅茶に限らず、食事をする時に、嗅覚と呼ばれる匂いをつかさどる部分が麻痺していたら美味しいものも、上手に感じられないと思います。

朝、満員電車の中で、香水をプンプン匂わせている人がいますよね。

本人はそれでいいのでしょうが、周りの人には迷惑です。

アップルティーから話はずれてしまいましたが、嗅覚に訴えるアップルティーを是非お勧めしたいと思います。

粉末のアップルティーには、スプーン2杯でりんご4個分のビタミンCが入っています。

ビタミンCはお肌を紫外線から守る役目と、ストレスをやわらげ、免疫力を助けてくれる役目をしてくれます。

ビタミンCはイライラを止めてくれるという訳です。

その点アップルティーを飲むのは、健康に良いと思います。

美味しくて、健康にも良いアップルティー。

果物をあまり食べない私ですから、少しでもビタミンの補給の為にどんどんアップルティーを取り入れた生活をしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です