意識せずに利用しているPOP広告

POP広告とは、商品販売促進を進めるために利用する広告のことです。

商品名や値段を書き込むだけではなく、利用方法、購入ポイントなどを書き足して、消費者へアピールできる簡単な広告です。

買い物をするときに、商品が陳列されている場所にラベルや、カードを見かけます。

書いてある説明を見ながら、購入するかどうかを決断させる重要な広告で、消費者は気づかぬうちに広告を利用しているのです。

商品を販売する店にとっては売り上げを左右する大切なものなので、他の同業者に負けないような広告を作る必要があります。

いかに消費者の気を引いて、購入意欲を高めるかで、販売店の広告能力が分かるので、店の看板に取って代わるといっても過言ではありません。

最も多くPOP広告を利用しているのは、スーパーマーケット、ホームセンター、ディスカウントショップ、ドラッグストア、書店などです。

広告の種類は、卓上スタンド、大型パネル、プライスカード、値札、吊り、天井吊り、タペストリ、のぼりが多く使用されています。

レストランやカフェに行くと、お店の前に小さな黒板が立ててあり、メニューやオススメを書いてあるのをよく見かけます。

強調したい文字は、目に付きやすい赤を使用するのが一般的になって、様々な書体を使って、興味を持たせています。

POP広告は、消費者にとって身近な存在なので親しみやすい物を作る必要があります。

上手く広告ができない場合は、消費者の立場になって考えてみると良いアイデアが浮かぶかもしれません。

電化製品などは、使う商品に詳しいお客さんも来るので、値段と購入ポイントの他に、説明書きをして興味を持たせます。

さらに説明ポイントの重要な部分を伏せ字にすることで、購入者は一生懸命に考えるようになります。

ちょっとした遊び心を取り入れるだけで、商品の魅力を最大限に宣伝することができるので、効率の良い販売方法だと思います。

個性的なPOP広告を設置しているお店も多いので、比較してみるのも楽しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です