紅茶で健康に生活する方法

今、紅茶の効能が健康に良いと言われています。

紅茶には様々な健康成分が含まれているのです。

インフルエンザ等のウイルスにも意外なほどの効果を発揮してくれます。

紅茶は完全に発酵させた茶葉を使用しています。

茶葉を完全発酵させることで殺菌効果が出て、風邪やインフルエンザを予防する事が出来ます。

紅茶でうがいするをすると、ウィルス対策になるのです。

紅茶の茶葉 1g(スプーン約1/3程度)に対して、100mlの熱湯を注ぎ、5~20分置き、抽出すると良いそうです。

必ず熱湯を使用してください。

水で紅茶を2倍に薄めて、うがい薬として使用します。

ちなみに、紅茶を飲むだけでは効果はありません。

ミルクティーでも効果が期待できないようです。

生姜をすりおろして、紅茶に入れて飲むのも効果的です。

生姜に含まれる辛味成分が、身体の新陳代謝を活発にしてくれます。

血行が良くなり、冷え性対策にもなります。

さらに、生姜には発刊作用もあります。

汗をかくことで、解熱効果も期待できます。

風邪の引き初めの諸症状に、とても有効です。

また、咳止めの効果もあります。

痰を切りやすくし、症状を和らげてくれます。

昔から風邪には、生姜湯を飲むと良いと言いますよね。

生姜は昔から、風邪や気管支炎対策の漢方薬の有効成分として利用されてきました。

そんな生姜と紅茶がタッグを組んだら、私たちの強い味方になってくれます。

その他、生姜と紅茶には様々な殺菌作用があります。

そのため、風邪やインフルエンザの予防に生姜紅茶は役立つ飲み物と言えます。

また、紅茶には利尿作用もあるので、取り過ぎた水分も体内の外に出してくれます。

また、紅茶には身体を温めてくれるテアフラビンという成分が入っていて、生姜と混ぜる事で風邪予防にも抜群です。

また、紅茶にはカフェインを含んでいます。

妊娠されている方は飲みすぎには注意しましょう。

またカフェインには目を覚ます作用もあります。

夜にたくさん飲んでしまうと、眠れなくなったり.、トイレが 近くなり、何度も起きなければなりません。

十分に注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です