東南アジアのあまーいカフェ

マレーシアではカフェ文化が根付いています。

地元の人は、コンデンスミルクと砂糖をたくさん入れたコーヒーや紅茶を飲みます。

東南アジアは暑いので、エネルギー補給として甘い飲み物を飲みます。

これを「ホワイトコーヒー」と呼び、人気メニューになっている店もあります。

ドリンクメニューは豊富です。

ベトナムのホーチミン(サイゴン)では濃いブラックコーヒーを氷をいっぱい入れて少しずつ氷がとけるのを待ちながら1時間近くコーヒーを飲みます。

その間じっくり将棋を指したりたばこをすったりしています。

ベトナムに来る外国人が好むのは「カフェスアダー」と呼ばれる練乳入りアイスコーヒーです。

最初に練乳を入れ、コーヒーを足してよく混ぜ、氷を入れて最後にブラックコーヒーをたらします。

これもゆっくりじっくり味わいます。

ちなみに8000~10000ドン(40~50円)程度です。

ホーチミンは地元民向けの安いカフェがあるのと対照的に、外国人経営のカフェも増えました。

1杯100000ドンもする店もできました。

ホーチミンの街自体も、発展途上国とは思えないほど大都市化し、高層ビルの建ち誇る街だそうです。

ベトナムでは、カフェはひとつのコミュニケーションツールとなっています。

タイ、バンコクではカフェが人気で、現在もカフェが増えつつあります。

タイ料理のメニューも多く、おいしく過ごせます。

ビールを片手に過ごす人も多いです。

上品なカフェでは、ワインを飲んですごすこともできます。

おしゃれで人気のカフェがたくさんあるので、旅行や出張でタイに行ったらいくつかカフェによるとよいですね。

シンガポールには、日本の茶園の経営する日本茶カフェがあり、人気です。

ホワイトコーヒーも、シンガポールではカフェラテとなります。

五感で楽しむコーヒーという感じです。

カフェラテは5シンガポールドルです。

シンガポールのカフェはほとんど日本や欧米と同じような感じで、メニューなども似ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です